2010/09/27

秋の薫り

26日 日曜日 この日は1日船をチャーターして友達と5名での釣行
 キャスティング・ジギング・インチクなど一人2~4本のロッドを持ってくるのでロッドホルダーが装備されてない船上では大変なことになるので釣行前日慌ててロッドスタンドを作りました。 制作費1000円くらい?(笑  そして船長に寄贈(笑

当日はそれまでの爆風は収まりかけてたものの、やはりウネリと風波で風下の島裏でしか叩けず 楽しみにしていた沖合い10数キロの曽根にはいけませんでした。
  それでも海底80mから駆け上がり複雑な根が絡む曽根には行けました。
 
  しかし魚探でのベイトの反応は最低。。。。  全く溜まっていない。。。。
   ほんとに真っ黒。。。

 でもまた移動するのもあれなんでとりあえず一流し。。。。
  一人また一人と2~3キロのヤズがポロポロ釣れ、黙々とジャークしていたMさんにそれまでのヤズの引きとは段違いのロッドの突っ込みがあり盛り上がったものの合えなく80lbのリーダーはラインブレイク。  たぶん5~6キロのヒラスだったと思うけど根ズレかなぁ。
 
  その後反応も薄くなり磯際の潮が沸いてる灯台下へ
  
   が、ここもベイトが薄い。  それでも60mから一気に壁のように水深が浅くなっておりそこに本流がぶつかるのでベイトが少なくても潮に負けて浮いてるはずだと思いここぞとキャスティング。

 反転流に被せるようにキャストしてプラグをジャークダイブ、ラインスラックを巻き取る間も無くテンションが掛かり空かさず鬼合わせ(笑  直ぐジャンプしたのでがっかりまたシイラ。 ジャンプしても空中で強引に頭を向け潮も効いてて重いけどゴリ巻きしてゲット(笑
昨日はヤズが12本くらい? ヒラスが3本くらい?  やいとが5~6本?  ほか根魚多数 あんまり覚えてませんが、まだまだいい型が出てこない。  
でもヤズは丸々と太ってきていて、やいと(星鰹)は激うま。  ちなみに腹を割ってみるとベイトはキビナゴ・あじ・鰯でした。 (写真食べかけですんません^^;)  
 
  
 

4 件のコメント:

  1. わ~っ!うまそう~

    釣りもええけど、食うほうがいいかな^^

    高知から上五島にきたサーファーがジギングしたいって言ってるので、U1君に弟子入りさせて!

    俺も弟子入りしたいけど、ボンビーなんで道具買えません^^

    返信削除
  2. ん~、なんちゅーか釣りのスケールが違いすぎて唖然・・です。
    シイラ?すごいねぇ。こんなの上げるんだ・・・。
    しかし、とても食べきれない量ですね(笑)
    いやぁ~、アッパレですわ!!

    ヤズね、ヤズ(笑)
    脂のってたら旨いのかな?

    返信削除
  3. >KYOさん
      実は上五島の方がジギング・キャスティングは多いんですよ! 知ってました? 
     知らないと思います。 何せ船は遥遥本土から来てるので。(宇久島などにも行ってます)  長崎の平戸・佐賀・福岡などの有名なルアー船が来てるんです。  福江の方に来てるのは少ないのかな? こちらはまだまだポイントは開拓してかないとって感じでまだまだ釣果に繋がってません。
     僕らもまだ手探りの状況ですよ^^;

     

    返信削除
  4. >バスさん
     シイラは潮が溜まってるとこ狙えは簡単に釣れます。 群れてますし。 シイラをわざわざ狙うアングラーも実際居ますし面白い魚なんですけどねぇ
     僕らが目標にしてるのは10キロオーバー 欲を言えば20キロオーバーのヒラマサです。 しかもキャスティングで。

     ヤズはこれから釣れるサイズも大きくなり、ブリとなって脂が乗ってくれば寒ブリとなりますので美味しくなります。 それより時期が少しく脂が乗るのがヒラマサで個人的にはヒラマサが脂乗ってる刺身などは最高にうまいです。 

    返信削除