2010/10/13

ジギングのジギって?

ジギングのジギって?  バスさんからの質問ですが、jigging  そうつまりJIG ジグのことです。
 ジグは99パーセント鉛で出来ています。 上の写真は溶かした鉛を型に入れて作ったオリジナルジグです。
材料の硬質鉛と表面に貼るホログラムシートです。 2キロインゴットで2000円位 金塊なら・・・
材料は鉛と糸を結ぶステンレス鋼線を補強の意味あって貫通させて入れています。  このジグで重さは大体170~180g位で作ってます。

  最後にウレタンの塗料に漬けて乾かしてを4~5回繰り返して完成です。  
 
 至ってシンプルなルアーですが、芯が取れていないと海底に到達するまでには横に流されてしまいます。。。

  このジグを海底40~60m  深いとこでは100m沈めてシャクリ上げては沈めるを繰り返し魚を釣るのがジギングです。
 かなり体力勝負なとこがあります^^;   最初ジギングを一日やったら次の日腕が上がりませんでした^^;

  

2 件のコメント:

  1. なるほど!
    スゲェよく分かりました~。
    しかし、U1さんが作ってるんですか?
    それまた驚き!
    やっぱ、その道極めようとすると自作ってことになるんですねぇ。
    器用ですね!
    そして、実際のジギングって・・・。
    こりゃ疲れますね。
    しゃくって、降ろしてるときに食うのかな?
    あんなにでかいのを上げるのも、これまた体力勝負ですね。
    こりゃスポーツだ!
    あっぱれです!

    やっぱ食べたい・・。

    返信削除
  2. ジグを作ってる訳は安いからです^^;
     実際一つ2000円~3000円します。
      一度の釣行で平均1つは無くしてしまうので(海底に引っ掛けたり、魚に切られたり)
     自分で作ると単価は300円~400円くらいだと思います。  それと事故満足ですよね。 サーフボードシェイプするのと似てるのかも知れません。 ここの角度をこうすればとか。。。  それで魚が釣れたんなら大満足です。  
     次はシングルコンケーブ入れようと思ってます(笑
      さすがにフィンは付けませんが^^;  シングルフィンつけたらマサさんみたいに賞もらえるかな(笑

      ジグはフォールの時にも食いますが、殆どがしゃくってる時に一気にゴン!って来ますよ。
      疲れてる時にゴン!ってきたら魚上げる時なんてヒイヒイ言って寄せてます(汗

    返信削除