2010/10/11

ジャーク構想

本日もお誘いを受けてジギング・キャスティング
 朝一のマズメはキャスティングでプラグを放るもバイトしてくるのはシイラの行列・・・
 
 
理由はこのベイトの小ささ?  2~3キロのヒラス・ヤズはこのサイズのキビナゴをパンパンに食ってました。  魚探の反応もこのキビナです。  とびうおがベイトなら熱いんだけど、とびうおのサイズは20~25cmってとこですかね。  ばっちりプラグサイズ何ですけど如何せんフィッシュイーターのサイズが小さい。。。

 今日の僕の釣果は午前中のみの釣行でヤズ・ヒラゴを5本 根魚1匹 そして何故かイサキが釣れました(笑    すべてジギングの釣果です。 

  ジギングロッドはMCのRF612 LR  ガイドもすべてシングルフットのKガイド 一見ベイトロッドに見えるくらい華奢です。  ジャークしてる時も魚掛かってんじゃない? って良く言われます(汗 
 
  ローレスポンスジギング 最近できた新しいジャンルのジャークと言ってもいいんじゃないでしょうか?
   竿が柔らかいのでジグの動きは初速が遅く途中から伸びてスライドでまた失速する動きが出るロッジャークですが、今日はローレスポンスの日と言ってもよい位釣果に差がでました。
 
  僕がこのロッドで使いやすいのは キラージグⅣ や CBONE D3セミロング C1 セミロング ですかね。  スライド幅が短くハイピッチでも動いてくれるジグがバイトは多く感じました。

 やっぱり魚は追ってきてるんです。 ただ食わせれるか。  食わせるアクションを入れてるか。
  今日はしっかり食わせの間を入れて組み立てたので 来るな!? って思ったとこでドンときました。

 ジグ任せのジギングもいいですが、僕はしばらくジグのスライドや平打ちを見てジャークのスピードを変ます。   当たり前かもしれませんが、やっぱり思ったとおりに動かして魚に食わす喜び これに尽きますよね。   大事なことです。



   
 
今日釣ったヒラスとイサキは刺身で食べました 左がノーマル 右がバーナーで炙ってます。

    どっちも 旨し! って言って倒れそうでした(笑  イサキ甘いです。

  パンパンにキビナゴを捕食してるせいか、魚は一潮一潮確実に大きくなってきてます。
   朝一はヤズにドラグ鳴らされてしまいました^^;   


↑毎年 年に15回位うちに泊まりに来る渋ちゃん。  おれも速くこのサイズをキャスティングでとりたいなぁ
 キャスティング  ヒラマサ 8キロ   この日は数本捕って竿頭だったみたいですよ。

2 件のコメント:

  1. ん~、とにかく凄い!
    食べたいほうが先かな(笑)
    先日[エギング]のエギが餌木って書くのを知って、なるほど~って思いました!
    ジギングって?
    ジギって何だろう?

    返信削除
  2. >バスさん
     ジギングは材質が全て鉛で出来ているルアー 「メタルジグ」(鉛の表面にホログラムを張ってるだけです)を沈めてシャクリ上げて沈めてシャクリ上げてを繰り返すシンプルな釣りの事で

     エギングと同じで ジグにingを付けてジギングですよ^^

     餌木は日本古来のルアーでもっとも古いルアーだとも言われています。 昔から殆ど形を変えていないのも昔の人の凄さがわかりますね~     

    返信削除