2011/01/13

人の一生

年明けから重い話題ばかりで
すみません。
U1さん、頑張って!

10日に急逝した祖母の告別式
祖母の顔は本当に笑っていた。
ビックリして
「今は、こうやってわざと笑顔にするの?」
って聞いたら、
亡くなったときのままで、送り人の方が少し歯を見せてくれたそうだ。
本当に幸せそうな顔だった。
救われた。

生まれて初めて焼き場まで行って
見送って
見送るときは本当に苦しい
だって、この姿をもう見れない、この姿がこの世から消える
と思うと、ちょっと待って!
って思う。
未練とは、こういうものなのか。
でも、きちっとお別れをした。
けじめって、こういうものなのか。

そして、祖母は灰になった。
灰になった祖母を見た。
人の一生
最後は灰になる。
骨壷に山になるまで骨を入れた。
もっともっと入れたかったけど入らなかった。
祖母は、人の一生の最後を俺に教えてくれた。
生まれて初めての経験。
灰になった祖母を見て
意味分からんけど
幸せな笑顔のまま灰になっていく祖母の姿を思い
なんと言うか
威厳というか
敬意というか
そういうものを感じました。

どんなに偉い人だって
どんなに悪い人だって
誰だって、最後はこうなるんだよ
どんなもんだ!

って言ってるような気がしました。

今日は、親父と妹と3人で一台の車で佐世保まで往復
おそらくこの経験も生まれて初めて
親子3人だけの旅?は、変な言い方だけど
親父は嬉しそうだった。
帰りは、親父のおごりで飯を食った。
嬉しそうだった。
これも祖母の贈り物だなぁと思った。

人の一生
最後は誰でも灰になるんだよ
たくさんの花に包まれて
燃え尽きて
灰になるんだねぇ
その生き様を
しっかりとこの世に残った者たちに
見せ付けてやって
灰になりたいな
って思いました。

おばあちゃん、ありがとう。
俺は頑張るけんね!

0 件のコメント:

コメントを投稿