2011/04/05

長崎医療センター

子供のころから国立って呼んでる。
大きな病院。
長崎に原爆が落とされたときは、沢山の被害者が運びこまれた。
今は綺麗に改装されて、昔の面影はない。
ここ5年ほど、すっかり常連になっちゃった(-_-;)
入院は数知れず、慣れって怖いね。
その病院も今回でラスト入院。
ちょっと感傷に浸る(笑)
いろいろあったからね。
大変だった。
世の中もっと大変な人が沢山だけど、人生のフェーズとしては結構なものだった。
これからもっと大変なことが起きるかも知れないけど、立ち向かう覚悟で、強い気持ちでいよう。

先日ラジオで、人生には三つの坂があるって言ってた。
「上り坂」「下り坂」そして、「まさか」
上りと下りは気合いと根性で何とかなるが、まさかだけはどうしようもない。
結婚式のスピーチみたいだけど、そうだよな、と今の自分に当てはめて思った。
まさかの少ない人生にしないとね、でも全く無いのも寂しいかもね。

そのまさかじゃないけど、今回の担当看護師さんが中学高校の同級生だった!
スゴい確率!
数十年ぶりにあったけど、皆大変なんだなぁ。
皆一生懸命生活してる。

ベッドに拘束なので暇だから過去のブログ読みなおしてみた。
年末年始にかけて、人生や命の話題が多いね。
しかも、今と同じことを思ってる。
不思議だ。
やっぱりそういう時期なんだ。
死ぬときは人間丸裸
「これが俺だ!どんなもんだ!」といった死に顔で焼かれたいね(^-^)
おばあちゃんが俺に教えてくれたように。

何か、大変だ、大変だって内容の話ばかりで疲れるね(笑)

宮崎行けば楽しい話題ばかりだね!
こんなときこそ笑っとけ〜!
長崎医療センター、お世話になりました!

bus

0 件のコメント:

コメントを投稿