2011/12/02

ガニ股

サーフィン始めた頃、JPSAに君臨していたのは久我孝男プロだった。
世界でも上位に入って、今でも日本人の最高位じゃないのかな?

でもガニ股だった。
でも凄かった!
現在の理論じゃ、説明できないんじゃ?

あの頃憧れていたのは(今も)糟谷修自プロ。
スタイリッシュ!
スマート!
あんな柔らかい流れるようなサーフィンしたいなぁと思ってました。

が、現実は程遠く・・・。
ガッチガチの固いサーフィン・・・。
何でやろ〜(涙)
スケートで一生懸命修正しようとしてるけど、ガニ股はなかなか直りません・・・。
バックサイドでは後ろの膝が外に開き、フロントサイドでは前の膝が外に開く。
力が逃げて板に上手く荷重してないし、レールが入り過ぎたり入らなかったり・・・。

最近気がついたのは、やはりテイクオフが全てかな?と。
良いテイクオフが出来たら、後の流れも余裕あるし、良いライディングにつながる。
テイクオフが悪かったら、そのリカバリーに一杯一杯で、ガタガタに・・・。
力が入り過ぎたり・・・。

うまい人はリカバリーも上手く、直ぐに修正するけど・・・。

なので、テイクオフからやり直します。
いつも同じ事言ってるかな(笑)

こないだの飲み会で、ロクさんとごっちゃんがサーフィンについて語ってた。
とてもためになる話で、聞いていたけど、会話に入れる技量も経験も無いのがとても悲しく辛かった・・・。
自分の未熟さが悲しかった・・・。
下手過ぎて、サーフィン語れません(涙)
でも好きだから、もっと上手くなります(^^)
ロクさんのようにスタイリッシュに。
ごっちゃんのように上手く!
そして、憧れの抱井さんのように、いつまでも良い身体で穏やかに微笑んで。
CLEAN LIFE
CLEAN SURF

まだまだ今から!

証拠写真
ERブログより拝借(^^)
左足の膝が外に開いてます・・・。
ダメです。
スプレーの飛び方が全然・・・。
そして、スタンスの狭さ。
直すとこばっかり(笑)
だからサーフィンやめられない(^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿