2012/03/12

早春賦〜そうしゅんふ

『そうしゅんふ』
春は名のみの風の寒さや〜

まさにそんな朝ですね・・・。
寒いよ〜(涙)
今の子も学校でこの歌習うのでしょうか?
今は合唱祭の課題曲も歌謡曲だというし・・・。
もっと学校で童謡やこういった唱歌?を教えないと、日本語と日本人の心が失われそうな気がします・・・。

ただ、寒いけど確実に夜明けも早くなったし、日暮れも遅くなってきてますね(^^)
春はすぐそこに近づいてきてますね。
自然は偉大です。

昨日は震災から一年で、いろんな特番が放送されてました。
改めて見る映像に絶句するばかり・・・。
fbやwebはあまり更新する気にもならず・・・。
体調も今ひとつで、家でおとなしくしてました。

『IN GOD HANDS』
サーファーならよく分かると思います。
自然は手加減しません。
パスワードも聞いてこないので、相手が誰であろうとお構いなしです。
子供の頃からバーチャルのゲームだけに慣れ親しんでいるとどうなるか?

ゲームは自分で難易度を選べる世界なので、手加減してくれます。
ヤバかったら自分の意思で中断できます。
そんな展開に慣れ、自然の怖さを知らないまま大人になると・・・。
そんな大人が世の中を取り仕切る立場の人間になると・・・。
神の世界まで、人間の意思でどうにでもなると思いこんでしまいそうですね・・・。

自然に合わせて生活を調整し、耐えたり、楽しんだり、恵みを頂いたり、奪われたり。
人の営みとはそういうもののはずですね。
地震、津波は人の歴史の中で何回も繰り返されてきたことでしょう。
ただ、原子力の問題は・・・。
一部の人間の富と利権で、神の世界を変えようとしているのかもしれません。

春とは名ばかりで、風はまだ冷たいね〜
そんな朝でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿