2012/04/28

それぞれの祝い事 ~ TOUGH & LAUGH

ちょっと間が空いてしまいました。
実は今月は、TEAM TOUGH & LAUGH にとって、お祝い事の連続でした。


まずは、監督のしんちゃん。
ご結婚おめでとうございます!
常に単独で動いていたしんちゃん。
行動力はずば抜けてましたが、ついに!
最高です!
男です。
新居は海の見える高台?に。
シェイプルームにもできる倉庫つき!
しんちゃんのリペアマンとしての技術は、五島の皆さんは十分承知のことでしょうが、
シェイパーとしても、今後活躍されると思います!
長崎のアイランドでは、壱岐のマサくんがボードシェイプを島のサーファーに広め
壱岐のサーファーは自分の板は自分で削る!という、サーフィンの原点でもあるスタイルで
波乗りを楽しんでますが、今後は五島でも同様のスタイルが普及するのでしょうか!
無いものは作る。
サーファーというより、人間の原点だと思うのです。
素晴らしい。


そして、第2弾!
このめんこい赤ちゃん!
U1さんの第1子です!
ともちゃんが生みました!
あのともちゃんがお母さん・・・。
あのU1さんがお父さん・・・。
おじさんは、マジで泣きそうでした。
U1さんとの出会い。
その後のU1さん。
いろんなことがありました。
歴史を感じますね~。
マジで可愛いですよね・・・。
昔の子のように、手はしっかりグーしてます(笑
最高!

そして、我が家は?
ん~、ボチボチですが楽園珈琲頑張ってます。
皆様に美味しい珈琲を飲んでもらいたい。
美味しい珈琲というものを知ってもらいたい。
という初心を忘れることなく、
それでもボランティアでやってるのでは無いので、
なんとか続けられるような運用をしなければ・・・。
悩んだ挙句、ようやく人前に出ることに。


大きかったのは、「松村さん家の隠れ家」の松村さんとの出会い。
ご近所で、とても美味しいパン屋さんを経営されてます。
楽園珈琲を美味しいといっていただき、
お店にも置いていただいてます。
さらに、フリーマーケットへの出店のお誘いもあり
楽園珈琲のデビューはフリーマーケットでした!

そして、間髪いれずに「のりのりカップ」での出店!
これは、ひゅうが自然学校の同級生「咲さん」のお店
Tali Kasih
のご主人、DAISAKUさんのおかげです。
これまた、去年ひゅうが自然学校へ行かなかったら出会えなかったこと。
人生って不思議です。
人生に無駄なことはありませんね。
人のつながりって大事ですね。
そして、人のつながりって温かいものですね。
血が通ってます。
このときの様子は、前回のブログで。

そして今日も天草でフリーマーケットに出店。

店構えも毎回進歩してます(笑)
でも、こんな風じゃないんです・・・。
思い描いている姿は。
そのために、日々手網を振ります。
おいしい珈琲を届けるために。

一人でも多くの人が、
「あぁ~、これが珈琲なんだ~」って思うような。
自分がそう思ったように。
良いものを作り続ければ、きっと何かが出来るはず。
先人がそうであったように。
モノ作りの精神は、全て同じはずです。

サーフボード作りと珈琲焙煎は同じような気がします。
サーフボードでもマシンシェイプというものがあります。
現在のBIGブランドのほとんどがそうじゃないんでしょうか?
ブランクスからベースシェイプまではマシンで。
巻きは人間が。
それでも、マシンに入力するデーターは、人間がそれまでの経験から得たものであり
人の手が加わっていることに違いは無い。
珈琲も、焙煎機を使っての焙煎は、それぞれの焙煎人が
自分の経験と知識に基づいたデーターで、その日の環境に合わせて
血の通った焙煎をしている。

さて、俺がやっている手網焙煎。
これは、サーフボードシェイパーがブランクスから全ての工程を自分の手と
経験で一人で行うという、素朴なベーシックな手法。
全てが自分の手。
だから、ガレージシェイパーだって同じステージに立てる。
焙煎も同じ。
全てが自分の手。
手網焙煎は焙煎体験くらいにしか考えてない焙煎人もいる。
その人は、自分自身の進歩が体験で止まっているに過ぎない。
そこから先があることを知らない。
ガレージシェイパーをバカにするシェイパーは
自分のシェイプがガレージで終わっている。
ガレージシェイプにはそこから先があることを知らない。
今自分がやっていることは
コーヒー豆という流通の中では
とても商売にはならないほど手の混んだ
手間のかかる
そのワリには生産量も望めない
そういったもの。
しかしながら、一番美味しいと言われる直火焙煎。
秋刀魚だって、炭火で直火で焼いたものが一番美味い。
肉だってそう。
お米だって直火で炊いたお米が一番美味しい。
人間なら誰でも知っている原点。
そこを分かってもらえたら。
図々しいけど。
ガレージ焙煎の先の先まで行ってやる。
どんな有名な豆屋の豆よりも美味しい豆。
そこだな。

まぁ、嗜好品ですから(笑)
そこまで熱くならんでもね。

TEAM TOUGH & LAUGH は、確実に新しい次元へと
進んでます!
これからのみんなの活躍に期待!

2 件のコメント:

  1. その心意気がもの作りの原点なんですよね
    だから 大量生産より ハンドメイドの方が好き
    相手の気持ちを汲み取って 大切に使わなければ失礼だと思うから
    食べ物も 嗜好品も 一緒
    気持ちいいのが一番 美味しいのも一番
    毎回コーヒー届くとわくわくしながら入れるのが楽しみなんですよ
    バニラうまっつ!!

    返信削除
  2. kanaさん、ありがとうございます!
    下手したら自己満足で終わってしまいがちなハンドメイド。
    でも、良いものを作り続けていれば、何かが変わるかもしれないと思ってます。
    ただ、自分だけでは続けていくことはとても難しいです。
    原材料、炭、袋、送料・・・。全て自己負担。
    いつか限界が来ます。
    だから、今私は皆様のおかげで続けさせてもらっていると思ってます。
    美味しいと言っていただいて、購入していただいていることに対して、続けることで応えようと思ってます。
    感謝の気持ちです。
    いつか、何らかの形で恩返ししたいのですが・・・。
    いつになるか、どういう形になるか、全くわかりません。
    分からないけど、信じて頑張りますね!
    ありがとうございます!

    返信削除